1. きっかけ
2. きっかけ 続き
3. 息圧
4. 音程は何処へ

基礎的なデータ
ソプラノ ・サックス
MARCATO SP-900DBS (Made in Taiwan) + ルソー・クラシック3R  +  ロブナー・ライト
アルト・サックス
Antigua winds GL GP Neck(AS3100、Made in Taiwan) + ヴァンドレン オプティマム AL5 + Optimum
リード
バンドーレン・トラディショナル リコ・グランドコンサート/レゼルブ など
録音機
TASCAM DR-07
編曲と伴奏作成及びミックス
PrintMusic 2008    Soner LE
サーチエンジンから直接来られた方はトップページへどうぞ
アーカイブ 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年
  2014年 2015年 2016年    

たまに練習帳 (安価なサックスで歌をやろうということです。)
すみませんがテクは全くありません。 単なるインストゥルメンタルです。
(C) 2009-2016 Digital Stream All rights reserved.
日付
テーマ
セッティング
Set Up
ヘッドフォン推奨です
伴奏はスミマセン、 PCでの打ち込みです
 YouTube : Sonorite101
8月 少し昔の録音をリミックスしてYouTubeに

過去の自分を練習を聴いてみると、案外楽に吹けている
結構ソプラノサックスらしい感じが出ている
いまが力が入りすぎなのかも


チョット反省して、一度マウスピースとリードをセルマーとトラディショナルに戻してみて出音を確認すると、微妙

また判らなくなったので、とりあえず別の曲のリミックスを始めた

こんなパターンが続いている

伴奏がしっかり編曲してあると気持ちがいい
編曲は大事だね
Selmer S90-190
ロブナー・ライト
Rovner Light
リコ グランドコンサート  3・1/2
Rico Grand Concert
ストレート・ネック
Straight Neck
ウィーン、わが夢の街
ルソー・クラシック3R
Rousseau Classic
ロブナー・ライト
Rovner Light
ヴァンドーレン  3
Vandoren Tr. 3

ストレート・ネック
Straight Neck


Summertime






7月 お気に入りの練習スタジオがクローズされて久しい
サックスを持ち出して録音するという行為はここのところなく、もっぱら自宅での新曲練習が続く
といっても一時間たたないうちに楽器をケースに収めている自分がいる。

何とかしなけりゃ、と思うのが、行動にならない
伴奏は3曲くらい完成したのに。。。
   
6月 やっぱ、アルト、下手だ と今さら気づく    
1月下旬 アルトのリードを買いました

ヴァンドレンのV21(2.5)2枚と樹脂製で安価なブラボーリード(3)1枚です
追い追い試していきます

なぜかV21は2.5という表記
1/2という表記は今後使わなくなるのかな

V21は何とも不思議なアメリカン(アンファイルド)ともフレンチともつかないカット
新機軸です
まだ、傾向はつかめません


ブラーボーリードは真っ黒な樹脂リードで、これホンマ音出るの?と思いましたが、ちゃんと出ます
とりあえずの3番を購入しましたが、かなり柔らかい感じで音もそれなりの感じがしました
湿らさなくてもいい、というのが一番の利点で、価格からすると天然リードの3倍ほど持ってくれればまあ良しとするか、というところです


 



2017年1月
あけましてあめでとうございます。

  YouTubeチャンネルはこちら
 
アーカイブ 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年
 

2014年

2015年 2016年    


Copyright © 2003-2017 Digital Stream All rights reserved.
個人・企業を問わずこのページ(写真及び記述内容等、ページのキャプチャー)を転載し著作物に利用する事を固くお断りいたします。
サーチエンジンから直接来られた方はトップページへどうぞ