動画関連の試用レポートはビデオサロン1月号をご覧いただくこととして、その他の写真を掲げておきます。



コンデジ、ネオ一眼、どちらのジャンルにも入らないDSC-RX10の特徴は、このレンズ。

ニッパチ通しで、なかなかイイ。

価格
DSC-RX10
ソニーストア小売価格: \129,800 (税込)  実売価格 \110,000 程度

一眼より軽くて少し小さめなので、ハンドリングは楽。ただレンズ部は大きい。



 
動画には関係ないけれど、フラッシュはこんな感じで立ち上がる。こんなに薄くできるんですね。
 
 
ファインダーがしっかりしているのでスチルスタイルの動画撮影ができる。
手振れ補正はよく効く。三脚使用時はハズした方がいい。
 
動画関連機能は充実
 
8倍のNDフィルターを内蔵 ゼブラが表示できる(シマ模様はやや太め)
マニュアルフォーカス時のピーキングレベル設定 動画モード中の各モード
   
動画屋さんの使い方だと日中はNDオンでしょう。 ゼブラ100%以上の高輝度部分はあっさり系。あまり粘らない。
ピーキングは少し慣れが必要。 表示される太さをしっかりみないとフォーカスをハズす。
露出補正ダイアルは動画時も有効。 単独のダイアルなので非常に便利。
 
動画モードからスチル撮影はできません。でも逆は大丈夫。
 
 
 
動画、静止画ともマニュアル機能が充実しているので、本気になっても大丈夫。
 
 
以下2点  HD動画からのキャプチャー 1920×1080を640×360に縮小。 いずれもF2.8
 
 
あとは、ビデオSALONで  ミテネ。
 
おしまい
2013 December

Copyright ©  Digital Stream All rights reserved. 
無断転載はご遠慮ください。

見終わったらブラウザのタブを閉じてください